うつ病などの精神的病は心療内科で解決|ホット診察室

笑顔の三人

最新方法が治す

眼鏡をかけた女性

心療内科では光トポグラフィーや血液検査などを行って、どの程度のうつ病なのかを調べます。うつ病は心が原因ではなく、脳が原因でなってしまうと最近から言われています。光トポグラフィーでは脳に流れている血流がどの様な状態になっているのかを知ることが出来ます。その結果を見ることで双極性障害や統合失調症になっていないかが分かります。光トポグラフィーをする前は医師から検査についての話しを聞きます。その後に装置を装着してから検査を行っていきます。頭に装置を付けたままの状態で言葉の連想をして、血液の量はどのくらいか見ます。検査は数時間ほどで済ませることが出来ます。この検査は限られた心療内科でしかすることが出来ないため、どこの心療内科で受けることが出来るのか調べた方が良いです。光トポグラフィー検査の1回の検査費用は12000円ほどします。保険が効かないため検査費用は高額になりますが、この検査費用には問診と診察費用が入っています。

光トポグラフィーで検査をして治療が必要と診断された場合、磁気刺激療法という最新治療方法で治療をしていきます。通常うつ病などになると抗うつ薬を処方されますが、近年は頭に装置を付けるだけでうつ病の治療を行えるようになりました。しかし、この磁気刺激療法も限られた心療内科でしか受けることが出来ないため注意しましょう。脳に刺激が行き渡ることで、脳が活性化し始めて段々とうつ病が改善されていきます。副作用はあまりなく安全に治療が出来ることで有名です。薬物とは異なった方法で治療が出来ることから、薬が苦手な方でも気楽な治療が期待出来ます。副作用があると誰でも治療に不快感を覚えてしまいます。副作用を感じないで治療をするにはこの磁気刺激療法しかありません。磁気刺激療法は数ヶ月間で30回は行わなければなりません。1週間に通うペースは医師と相談をすることで決まります。この時に治療に対しての不満点などを伝えておくと、心置きなく治療を始めることが出来るでしょう。